RESASについて

0
「地域経済分析システム(RESAS:リーサス Regional Economy Society Analyzing System)」
内閣府 まち・ひと・ しごと創生本部 経済産業省 などが開発・運用している

リンク

RESAS https://resas.go.jp *Chromeのみで動作(2016現在)
RESAS 操作説明動画[政府インターネットテレビ] (動画4本セット)
 リンク:http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/
  (1)産業マップ http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg11653.html
  (2)人口マップ http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg11652.html
  (3)観光マップ http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg11651.html
  (4)自治体比較マップ http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg11650.html
RESAS がわかるマンガ PDF http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/pdf/resas_manga_booklet1.pdf
オンライン講座(e-Learning) https://e-learning.resas-portal.go.jp/lp/
RESAS 2016セミナー(2016年10月終了:全国各地) https://seminar.resas-portal.go.jp/2016/
地方創生☆政策アイデアコンテスト 2016 (RESAS活用) https://contest.resas-portal.go.jp/2016/
RESAS API https://opendata.resas-portal.go.jp/
RESAS COMMUNITY(情報交換掲示板) https://community.resas-portal.go.jp/login
RESAS slack COMMUNITY(非公式掲示板のようなもの)https://resasslackcommunity.slack.com
RESAS PORTAL(ポータル; リンク集) https://resas-portal.go.jp/


     (by クラフトパイン オープンリーサス開発室[茨城県城里町])

こちらに移動しました Open RESAS-API Project [OPRAP] http://oprap.org

oprap.org (OPen RESAS-API Project)
RESAS-APIの活用例を色々と、例えば、以下のような・・(PHP等ソースコード)

                 (by クラフトパイン オープンリーサス開発室[茨城県城里町])

RESAS-API開発をする時に便利なツール

こちらに移動しました Open RESAS-API Project [OPRAP] http://oprap.org

JSONに限らないですが、結構現場で使う、XMLやHTML、その他ノード構造になっているデータって、入れ子/階層構造、深くなりがち・・SONなど、一般的で広く使われているデータ構造の場合は、周辺ツールも充実していますので、探してみました。

例:

           (紹介 by クラフトパイン オープンリーサス開発室[茨城県城里町])

PHPでAPI

こちらに移動しました Open RESAS-API Project [OPRAP] http://oprap.org

都道府県の一覧の取得
(API キーは各自こちらで取得してください https://opendata.resas-portal.go.jp/)
XAMPPなどローカルの環境ではセキュリティの設定やネットワークの設定で動かない場合があります。その場合は、VPSやレンタルサーバーでお試しください。
     (by クラフトパイン オープンリーサス開発室[茨城県城里町])



動作結果
php resas_api_preflist.php
Array .. 北海道..青森・・・略

   「RESAS(地域経済分析システム)」を加工して作成 / CC BY 4.0 

RESAS-API を使った WordPressプラグイン

こちらに移動しました Open RESAS-API Project [OPRAP] http://oprap.org

WordPress デモ

resas-wp-sample.zip WPのプラグイン機能でZIPファイルをアップロードして、お使い下さい。
resas-wp-sample.zip の中身
resas-wp-sample.php (WPの wp-content/plugins/resas-wp-sample/ に展開されます。)
     (by クラフトパイン オープンリーサス開発室[茨城県城里町])

 '北海道',      2 => '青森県',      3 => '岩手県',      4 => '宮城県',
      5 => '秋田県',      6 => '山形県',      7 => '福島県',      8 => '茨城県',
      9 => '栃木県',      10 => '群馬県',      11 => '埼玉県',      12 => '千葉県',
      13 => '東京都',      14 => '神奈川県',      15 => '新潟県',      16 => '富山県',
      17 => '石川県',      18 => '福井県',      19 => '山梨県',      20 => '長野県',
      21 => '岐阜県',      22 => '静岡県',      23 => '愛知県',      24 => '三重県',
      25 => '滋賀県',      26 => '京都府',      27 => '大阪府',      28 => '兵庫県',
      29 => '奈良県',      30 => '和歌山県',      31 => '鳥取県',      32 => '島根県',
      33 => '岡山県',      34 => '広島県',      35 => '山口県',      36 => '徳島県',
      37 => '香川県',      38 => '愛媛県',      39 => '高知県',      40 => '福岡県',
      41 => '佐賀県',      42 => '長崎県',      43 => '熊本県',      44 => '大分県',
      45 => '宮崎県',      46 => '鹿児島県',      47 => '沖縄県',
     );

add_shortcode('cities', 'get_cities');

function get_cities() {
  global $prefa;
  $api_key = "___YOURAPIKEYHERE_____";
  $pnum = get_option('pref_num');
  $headers = array(
		   "Content-Type: application/json",
		   "X-API-KEY: " . $api_key,
		   );
  $url = "https://opendata.resas-portal.go.jp/api/v1-rc.1/cities?prefCode=" . $pnum;
  $curl = curl_init(); 
  curl_setopt($curl, CURLOPT_URL, $url);
  curl_setopt($curl, CURLOPT_CUSTOMREQUEST, 'GET');
  curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTPHEADER, $headers);
  curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
  $response = curl_exec($curl);
  $result = json_decode($response, true);
  $rea = '';
  for ($i = 0; $i < count($result['result']); $i++) {
    if ($i == 0) {
      $rea = $rea  . '' . $result['result'][$i]['cityName'];
    } else {
      $rea = $rea  . '/' . $result['result'][$i]['cityName'];
    }
  }
  return "" . $prefa[$pnum] . "の市町村区:
\n" . $rea; } add_action('admin_menu', 'pref_menu'); function pref_menu() { add_options_page('RESAS - WordPress', 'RESAS-WP', 8, 'pref_menu', 'pref_options_page'); add_action( 'admin_init', 'register_pref_settings' ); } function register_pref_settings() { register_setting( 'pref-settings-group', 'pref_num' ); } function pref_options_page() { global $prefa; ?>

都道府県設定

動作結果 下の画像参照 参考 https://h2ham.net/wordpress-creating-options-pages

RESAS-API を使ったWordPressプラグイン実行時 画像

RESAS-API を使ったWordPressプラグイン 画像1 ダッシュボード 都道府県を設定

RESAS-API を使ったWordPressプラグイン 画像2 投稿+「ショートコード」

RESAS-API を使ったWordPressプラグイン 画像3 実際の投稿画面、「ショートコード」が指定した都道府県の市町村区一覧に置き換わっている


   「RESAS(地域経済分析システム)」を加工して作成 / CC BY 4.0 

RESAS-APIとGoogleMapのマッシュアップ

こちらに移動しました Open RESAS-API Project [OPRAP] http://oprap.org

RESAS-GoogleMap マッシュアップ デモ
http://rck.jp/resas-mania/resas-gmap/resas-gmap.php
*最新版のデモは「Excel」とのマッシュアップもしています。
(結果をExcel2007型式ファイルに書き込み>ダウンロード可能)
ダウンロード
http://opennotebook.org/soft/resas-gmap.zip

最新版では、指定した都道府県から、市町村区が選べ(RESASから取得)、そこの人口推移もRESASから取得して、合わせて市町村区の地図(GoogleMap)を表示しています。
     (by クラフトパイン オープンリーサス開発室[茨城県城里町])

----------------------------------------------------------------------------






GoogleMapAPI テスト


GoogleMapAPI テスト

再読込
\n"); } ?>
\n"); print("\n"); } ?>
住所:  \n"); print("\n"); } ?>
\n"); for ($i = 0; $i < count($resultpop['result']['data'][0]['data']); $i++) { print($resultpop['result']['data'][0]['data'][$i]['year'] . ' ' . $resultpop['result']['data'][0]['data'][$i]['value'] . "
\n"); } } else { ; } ?>
----------------------------------------------------------------------------                        2016-11-16 更新 実行結果 下の図を参照 resas-gmap.php公開時メモ ・RESAS-MANIA へのリンクを外す ・APIの各キーを置き換える Google Map API キー取得 Javascript 用などのAPI のキーを取得しておきます https://developers.google.com/maps/web/ Google Map API説明から administrative_area_level_1 は国レベルの中で、一番大きい民生的な地域です。日本の場合では、都道府県を指します。 colloquial_area は一般的に使われる別の名称を示しています。例えば日本では東京23区です。 formatted_address は人間が読むことができる住所です。"郵便住所"と同じですが、国ごとによって違います (グレート・ブリテンのようないくつかの国では、正しい住所を再配布するためには料金を支払わなければならない制約があるためです) 。この住所は1つまたは複数の住所要素が含まれて生成されます。例えば"東京都渋谷区桜丘町26-1"は "日本東京都渋谷区桜丘町26-1"になります。"26"は"sublocality", "桜丘町"も"sublocality", "渋谷区"は "locality", "東京都"は"administrative_area_level_1", "日本"は"country"です。 ジオコーディング 住所から緯度・経度を調べる 茨城県城里町 http://maps.google.com/maps/api/geocode/json?address=%E8%8C%A8%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E5%9F%8E%E9%87%8C%E7%94%BA&sensor=false { "results" : [ { "address_components" : [ { "long_name" : "城里町", "short_name" : "城里町", "types" : [ "locality", "political" ] }, : : 略 "status" : "OK" } 逆ジオコーディング (緯度、経度から場所を調べる) http://maps.google.com/maps/api/geocode/json?latlng=36.4793634,140.3761658&sensor=false { "results" : [ { "address_components" : [ { "long_name" : "城里町役場", "short_name" : "城里町役場", "types" : [ "premise" ] }, { "long_name" : "石塚", "short_name" : "石塚", "types" : [ "political", "sublocality", "sublocality_level_1" ] }, { "long_name" : "城里町", "short_name" : "城里町", "types" : [ "locality", "political" ] }, { "long_name" : "東茨城郡", "short_name" : "東茨城郡", "types" : [ "colloquial_area", "locality", "political" ] }, { "long_name" : "茨城県", "short_name" : "茨城県", "types" : [ "administrative_area_level_1", "political" ] }, : : 略 "status" : "OK" } 参考 Google Map API https://developers.google.com/maps/?hl=ja 2016年6月からのGoogle Map API変更の説明 http://www.weblog-life.net/entry/2016/03/12/080300 http://munyagu.com/374/ Google Map APIの説明のままだとうまくいかない場合もあります  △ *.opennotebook.org/*  ◎ opennotebook.org/*

RESASの検索結果をGoogleMapにAPIから反映するデモ
RESASから、各都道府県の市町村一覧を取得し、GoogleMap上に市町村役場の位置と、その市町村の人口推移を表示している。
実際の動作デモ http://rck.jp/resas-mania/resas-gmap/resas-gmap.php


   「RESAS(地域経済分析システム)」を加工して作成 / CC BY 4.0 

PythonでJSONの配列[list]処理簡単サンプル [基礎の基礎][Python]

こちらに移動しました Open RESAS-API Project [OPRAP] http://oprap.org

PythonでJSONの配列[list]処理簡単サンプル [基礎の基礎][Python] ・・・人口データの取得
(API キーは各自こちらで取得してください https://opendata.resas-portal.go.jp/)
(requestsパッケージは標準ではPythonに入っていません。Pythonのパッケージ管理システム、pipで、pip install requests して、インストールしてください)
     (by クラフトパイン オープンリーサス開発室[茨城県城里町])

# Copyright (c) 2016 FORESTOWL
# This code is released under the MIT License.
# http://opensource.org/licenses/mit-license.php
# coding:utf-8
import json
import requests
api_key = "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"
url = "https://opendata.resas-portal.go.jp/api/v1-rc.1/population/composition/perYear?cityCode=11362&prefCode=11"
head = { "Content-Type":"application/json", "X-API-KEY":api_key}
req = requests.get(url,headers=head)
jsonstr = json.loads(req._content.decode('utf-8'))
#
# 一つづつデータを取り出すテスト
#
print("一つづつデータを取り出すテスト")
print(jsonstr["result"]["data"][0]['data'][0]['year']) #'総人口' 1番目 年
print(jsonstr["result"]["data"][0]['data'][0]['value']) #'総人口' 1番目 値
#
# '総人口' のCSVを取り出すテスト
#
print("'総人口' のCSVを取り出すテスト")
keyList = jsonstr["result"]["data"][0]['data']
for k in keyList:
    print(str(k["year"]) + "," +  str(k["value"]))
#
#おまけ
#
#あまり、何度もAPIを取りに行くのも、申し訳ない ^^; ので、
#一度JSONで取り出せたら、例えば sample.json ファイルにローカルで
#保存して、
# f = open("sample.json")
# jsonstr= json.loads(f)
# f.close()
#などして、問い合わせに行かないようにして、テストしたほうがいいかも・・



・動作結果
一つづつデータを取り出すテスト
1980
12817
'総人口' のCSVを取り出すテスト
1980,12817
1985,12707
:
:


   「RESAS(地域経済分析システム)」を加工して作成 / CC BY 4.0 

APIのオープンソース化/Github での展開、先行事例

こちらに移動しました Open RESAS-API Project [OPRAP] http://oprap.org

e-Stat API(総務省管轄、国の統計情報)のGithub
HOME > 開発支援情報 > GitHub API機能を使ったアプリのGitHubへの公開を始めました。
http://www.e-stat.go.jp/api/api-dev/github/
github.com上
https://github.com/yutannihilation/estatapi

FORESTOWL[フォレストアウル]

茨城発 地域創生SaaSを目指して、開発中・・
                      (森のフクロウ)
     (by クラフトパイン オープンリーサス開発室[茨城県城里町]、他)

ライセンスなど

このサイトのライセンス
WordPress関連は GNU GPL2 、その他のソースコードはCopyright (c) 2016 FORESTOWL+MITライセンスのもとで公開しています。
ブログの文章や写真などは、CC BY SA 4.0(ソースコードは除く)。
それ以外はRESAS-APIの利用規約に準じます。

時系列など

     RESAS-MANIA by クラフトパイン オープンリーサス開発室[茨城県城里町] & opennotebook.org

0